読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうべによんだ。

だれかに読んだ本のことをきいてもらいたくて。

感想

『浅草鬼嫁日記 あやかし夫婦は今世こそ幸せになりたい。』

『浅草鬼嫁日記 あやかし夫婦は今世こそ幸せになりたい。』 友麻碧 ふらりと立ち寄ったいくつかのブログで紹介されているのを見かけ、物語の設定も私好みだと思ったので。 そういえば以前にコメントで同著の別シリーズもおすすめされてたんだった、と「かく…

『少年Nの長い長い旅 01』

『少年Nの長い長い旅 01』 石川宏千花 講談社タイガより刊行されている『少年Nのいない世界』に至るまでを描いた物語。 shiyunn.hatenablog.com こちらも「いない世界」同様、随分前に読み終えていたのですが、今月末にこちらの2巻が発売予定と聞いてブログ…

『少年Nのいない世界 01』

『少年Nのいない世界 01』 石川宏千花 講談社タイガより。 Twitterを見るに随分前に読み終えていたようですが、今後スケールの大きなシリーズになりそうで私なりにブログでまとめておきたいと思って。 『少年Nのいない世界 01』「飛ばされた」現代世界と違う…

『黒豚姫の神隠し』

『黒豚姫の神隠し』 カミツキレイニー ガガガ文庫の棚にて何度か名前をお見かけしたことのある、カミツキレイニーさんの小説がハヤカワより刊行されると聞いて。 著作が気になるリストには入っていたのですが、なかなか手が出ずにいたのでこれを機に、と。 …

『機械仕掛けの選択 サクラダリセット3』

『機械仕掛けの選択 サクラダリセット3』 河野裕 新装版サクラダリセットシリーズ3作目。 これまでのお話や他の河野裕さんの作品についての感想はこちら↓ 河野裕 カテゴリーの記事一覧 - ゆうべによんだ。 3作目までのサクラダリセットシリーズのお話を踏…

『放課後のゲームフレンド、君のいた季節』

『放課後のゲームフレンド、君のいた季節』 むらさきゆきや Twitter上でよく「本の王国浜松西店」さんのライトノベルの愛ある棚づくりの画像を目にするのですが、その中のひとつ、一巻完結フェアなるものでこの作品を見かけて。 今やいちジャンルとして成立…

『この空のまもり』

『この空のまもり』 芝村裕吏 いつぞやの、読者がすすめる「夏に読め!」フェアにて手に取った作品。 www.hayakawa-online.co.jp 強化現実技術により、あらゆる場所に電子タグを貼り付けることのできる時代の物語。 もちろん物理的にはタグに書かれた内容は…

『インサート・コイン(ズ)』

『インサート・コイン(ズ)』 詠坂雄二 古くからある著名なゲームを題材にした短編集。 各短編のタイトルだけで、どのゲームを題材にしたのかきっと分かる人には分かるので、目次を眺めるだけでもちょっと楽しい。 私自身、筋金入りのゲーマーでも、往年の…

『虚構推理』

『虚構推理』 城平京 私にとって、『雨の日も神様と相撲を』に次いで2作品目の城平京作品。 shiyunn.hatenablog.com 『虚構推理』はコミカライズもされていて、新刊が出る度に書店に並ぶのを見かけていたので小説を読んでみようと思い立って。 怪異や妖怪が…

『いつかの空、君との魔法Ⅱ』

『いつかの空、君との魔法Ⅱ』 藤宮カズキ 世界観がとてつもなく好みな作品のひとつ。 前作を何気なく手に取って読んでみたのが始まり。 想像以上に私のツボを押さえていて、人々の暮らしに必要な小道具だったり、箒で青空の見えない空を綺麗にするという設定…

『魔女と思い出と赤い目をした女の子 サクラダリセット2』

『魔女と思い出と赤い目をした女の子 サクラダリセット2』 河野裕 新装版サクラダリセットシリーズ、2作品目。 今さらなのですが、奇しくも表紙イラストを担当されている方が『青の数学』シリーズと同じとろっちさんだったのですね。 青の数学 (新潮文庫nex)…

『美亜へ贈る真珠』〔新版〕

『美亜へ贈る真珠』〔新版〕 梶尾真治 梶尾真治さんによる、表題作『美亜へ贈る真珠』を含む8篇からなる短編集。 『クロノス・ジョウンターの伝説』(積んでる)だったり、「エマノンシリーズ」(気になってる)だったり、梶尾真治さんの作品は前々から読もう読…

『青の数学2 ユークリッド・エクスプローラー』

『青の数学2 ユークリッド・エクスプローラー』 王城夕紀 数学を題材にした紛れもない青春小説『青の数学』シリーズの2巻目にあたります。 shiyunn.hatenablog.com 身の回りの数字を記憶することができる主人公の栢山と、数学の問題を用いた決闘に様々な思い…

『凶器は壊れた黒の叫び』

『凶器は壊れた黒の叫び』 河野裕 『いなくなれ、群青』から始まる階段島シリーズ4作目。 刊行前に『凶器は壊れた黒の叫び』というタイトルや書影が発表された際に、「凶器」や「壊れた」という言葉や、想定イラストの堀さんの表情から、もしかしたら傷つく…

『猫と幽霊と日曜日の革命 サクラダリセット1』

『猫と幽霊と日曜日の革命 サクラダリセット1』 河野裕 大好きなシリーズ作品が角川文庫にて装いを新たに刊行されるということで。 既にスニーカー文庫から出ているサクラダリセットシリーズを読んでいるのですが、もう一度お話を通してお気に入りの言葉をひ…

『桜風堂ものがたり』

『桜風堂ものがたり』 村山早紀 村山早紀さんによる、ある一冊の文庫作品と書店をめぐるものがたり。 直近の作品ということもあってか、村山早紀さんの『ルリユール』の印象が強く残っていて、今回も本にまつわるものがたりということで、こうして手に取るの…

『恋する寄生虫』

『恋する寄生虫』 三秋縋 私の好きな作家のひとりである三秋縋さんの作品。 ある程度の時期を経て今まで好きな作品の雰囲気というのは変化してきたのですが、未だに、三秋縋さん、河野裕さん、白川三兎さんの作品の作り出す雰囲気に心がとらわれたままです。…

『校閲ガール』

『校閲ガール』 宮木あや子 ドラマ放送の少し前に文庫化した『校閲ガール』。 もちろんドラマ化で話題になる前から知っていたのですが、文庫待ちしていた作品のひとつです。 『書店ガール』に始まり、この出版業界ガールズのお話、とても気になっているので…

『R.O.D』

『R.O.D』 倉田英之 つい先日、10年振りの新刊が刊行された今シリーズ。 以前に気になって調べたことがあったのですが、その時は既に手近な書店には並んでおらず泣く泣く断念。 今回、合わせて既刊も新たに増刷されたという事で読んでみました。 READ OR DIE…

『マツリカ・マハリタ』

『マツリカ・マハリタ』 相沢沙呼 相沢沙呼さんの「マツリカ」シリーズ2作目。 こちらから読んでも話の大筋の内容は理解できると思いますが、前作のことを踏まえた描写がいくつか登場するので、1作目にあたる『マツリカ・マジョルカ』から読むことをお勧め…

『クリュセの魚』

『クリュセの魚』 東浩紀 文庫化を密かに待っていた作品のひとつ。 この世界では既に日本の地球は滅びてしまっており、火星にも多くの人が住んでいる。 日本人の末裔であり、火星に暮らす葦船彰人はある日、大島麻理沙と出会い恋に落ちる。 一方、人間の文明…

『いつかの空、君との魔法』

『いつかの空、君との魔法』 藤宮カズキ 書店でぴかぴか光る帯と素敵な表紙に夜光虫みたいに引き寄せられて手に取った作品。 そんな気軽に手に取った作品なのですが、世界観が私の好み過ぎてたまらない。 ……いつまで空とか魔法とか、そういうものに心ときめ…

『トランプソルジャーズ』

『トランプソルジャーズ』 森川智喜 講談社タイガより名探偵三途川理シリーズ。 shiyunn.hatenablog.com ちょっとした設定を独特にひねってミステリーに仕立て上げる物語なのですが、私の中では、主人公のあくの強さがすごくクセになるシリーズで、相変わら…

『向日葵ちゃん追跡する』

『向日葵ちゃん追跡する』 友井羊 新潮文庫nex作品から出ている友井羊さんの作品。 私にとっては、『スープ屋しずくの謎解き朝ごはん』シリーズ以来の作品になります。 まず、この表紙の遠田志帆さんのキュートなイラストと、『向日葵ちゃん追跡する』という…

『七日目は夏への扉』

『七日目は夏への扉』 にかいどう青 翻訳家を生業としている主人公の朱音は、学生時代の恋人の死に目に会う夢を見る。 その後、彼女は友人から夢に出てきた元恋人が亡くなったこと、そして自殺の疑いがあることを電話で告げられる。 彼が亡くなった火曜日を…

『青の数学』

『青の数学』 王城夕紀 新潮文庫nexから刊行されているこちらの作品を読んだのですが、タイトルや表紙の雰囲気から静かな小説かと思いきや熱い夏が描かれていて、スポーツ小説を読んでいる時みたいに登場人物たちの息遣いが聞こえてきそうなくらい。 主人公…

『渦森今日子は宇宙に期待しない。』

『渦森今日子は宇宙に期待しない。』 最果タヒ 新潮文庫nexの、最果タヒさんの、小説。 主人公の女子高生、渦森今日子は宇宙人。 どちらかと言えば、表も裏も女子高生なのだけれどそういえば宇宙人でした、という感じの。 同級生の友達と会話するのはすごく…

『島はぼくらと』

『島はぼくらと』 辻村深月 久しぶりに読んだような気がします、辻村深月さんの作品。 私が読書が好きだ、と自覚し始めた頃にざくざくと読んでいたので、きっと「懐かしい」の意味合いを多分に含む「久しぶり」、です。 前回読んだ時からどれだけ実際に時間…

『近すぎる彼らの、十七歳の遠い関係』

『近すぎる彼らの、十七歳の遠い関係』 久遠侑 ファミ通文庫より刊行されている作品。 こちらの2016年上半期ランキング含め、様々なところで評判になっているのを目にし、気になっていたので。 主人公の男子高校生、坂本健一は、母と2人で暮らす家にて、同…

『屋根裏の美少年』

『屋根裏の美少年』 西尾維新 美学、美声、美脚、美食、美術のずば抜けた個性を持ったあくの強い5人の美少年に、驚異的な視力を持った「美観のマユミ」こと瞳島眉美(どうじままゆみ)が振り回される、美少年探偵団シリーズ、3作目。 探偵団事務所として利…

『にじゅうよんのひとみ』

『にじゅうよんのひとみ』 吉田恵里香 loundrawさんのイラストだ、と思い店頭で手に取り、ぱらぱらと。 表紙の折り返しにある「私、去年の誕生日と、何が変わったのかな」という一節と、目次にある章タイトルの小気味良さに心撃ち抜かれて今に至る。 「捨て…

『初恋は坂道の先へ』

『初恋は坂道の先へ』 藤石波矢 藤石波矢さんのデビュー作品。 『昨日の君は、僕だけの君だった』で心打ちぬかれて以来、藤石波矢さんの作品行脚していたのですが、この作品を持ってひと区切り。 こちらは「本の物語」大賞受賞作なのですが、以前読んだ『神…

『文句の付けようがないラブコメ 2』

『文句の付けようがないラブコメ 2』 鈴木大輔 身を挺して世界の崩壊を食い止める神鳴沢セカイと、彼女を苦しみから救い出したい霧島優樹の物語。 前回の終わりから世界は新しく生まれ変わり、2人で交わした約束も優樹の救い出してやるという決意も何もか…

『ブックマートの金狼』

『ブックマートの金狼』 杉井光 ノベルゼロの刊行ラインナップの中で、私が手にした2冊、のうちのひとつがこちら。 もうひとつの『インスタント・マギ』は、魔法が存在するという設定に惹かれて買ったのですが、こちらも書店員が主人公の物語、ということで…

『15歳、終わらない3分間』

『15歳、終わらない3分間』 八谷紬 つい先日創刊されたと思えば、色々な書店にて展開されるのを見かけるようになって、今やレーベル名だけで私の財布を脅かす存在になりつつスターツ出版文庫。 『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』や『君の膵臓をたべた…

『青春ブタ野郎はロジカルウィッチの夢を見ない』

『青春ブタ野郎はロジカルウィッチの夢を見ない』 鴨志田一 ※今までのお話含め内容に触れています。ネタバレを避けたい方はご注意ください。 シリーズ3作目。 表紙のイラストにもなっているロジカルウィッチこと、双葉理央をめぐる物語。 双葉が叶わない恋心…

『ボタニカル』

『ボタニカル』 有間カオル 以前にコメントでおすすめしていただいた『魔法使いのハーブティー』。 その作品で登場した種々のハーブティーがもたらすあたたかい雰囲気にすっかり魅せられ、そのままの流れでこちらも読んでみることに。 タイトルからしていか…

『道然寺さんの双子探偵』

『道然寺さんの双子探偵』 岡崎琢磨 『珈琲店タレーランの事件簿』シリーズで有名な岡崎琢磨さんの作品。 記事に残してはいないのですが、タレーランシリーズはすべて読みました。 すぐに色々な物に感化されてしまう私の脳内の「死ぬまでにやりたい細やかな…

『星空ロック』

『星空ロック』 那須田淳 それこそ、今のように本が好きになる前に那須田淳さんの『一億百万光年先に住むウサギ』を読んだ記憶があり、細かい内容は覚えていないのですが、当時からずっとタイトルと著者名はずっと覚えていて、書店で那須田淳さんの名前を久…

『少女ABCDEFGHIJKLMN』

『少女ABCDEFGHIJKLMN』 最果タヒ 最果タヒさんの小説。よい。 何がとかどのようにとか、語るに適切な言葉を選べないのだけれど、よい。 私の中では、舞城王太郎さんの小説を読むときに使うスイッチと似たようなスイッチを使います。 最果タヒさんの詩に登場…

『白蝶記』

『白蝶記』 るーすぼーい 完全に作者買い。 経緯を話すと少し長くなるのですが、友人に勧められて観たアニメ『CLANNAD』にいたく感動して、いわゆるKey作品のことを色々と調べた時期がありまして。 その時に「泣ける ゲーム」のような検索をしたことがあるの…

『青春ブタ野郎はプチデビル後輩の夢を見ない』

『青春ブタ野郎はプチデビル後輩の夢を見ない』 鴨志田一 電撃文庫より刊行されている「青春ブタ野郎」? 「青ブタ」? シリーズ2作目。 前回の感想はこちら。 ※以下、これまでの内容含め、物語について触れています。ネタバレを避けたい方はご注意ください…

『今からあなたを脅迫します』

『今からあなたを脅迫します』 藤石波矢 講談社タイガから刊行されている藤石波矢さんの作品。 どうやら以前読んだ、『昨日の君は、僕だけの君だった』が今夏に舞台化されるようで。めでたい。 『昨日の君は、僕だけの君だった』 - ゆうべによんだ。 昨日の…

『書店ガール』

『書店ガール』 碧野圭 ドラマ化したこともあり、その名前は知っている方もきっと多いであろう『書店ガール』シリーズ。 『バーナード嬢曰く。』に登場するド嬢ではないけれど、あまのじゃく発揮しがちな私は、「今はまだ読むべきではないのだ」と訳の分から…

『放課後スプリング・トレイン』

『放課後スプリング・トレイン』 吉野泉 福岡を舞台にした4編の連作短編ミステリ。 言葉遊びのような、ダジャレのような連想的に次々と紡がれる言葉の選び方がとても好みでした。 決してコミカルでおどけた雰囲気ではなく、登場人物たちが共通の理解を楽し…

『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』

『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』 鴨志田一 『さくら荘のペットな彼女』シリーズの鴨志田一さんによる作品。 『さくら荘のペットな彼女』はアニメとして観たことがあり、クリエイターたちが一堂に暮らすという私好みの設定もあって、とても楽…

『ハルコナ』

『ハルコナ』 秋田禎信 『魔術師オーフェン』シリーズの秋田禎信さんの作品。 オーフェンも、名前は知っているのですが、今から読み始めるには私の覚悟とか度胸が足りない……。 ある特異的な体質をもった少女を巡る物語。 その少女、ハルコはある程度の範囲の…

『拝啓、十年後の君へ。』

『拝啓、十年後の君へ。』 天沢夏月 記事にはしていないのですが、以前に天沢夏月さんの作品で『思春期テレパス』を読んだことがあり、その時の印象が残っていて、今回店頭で見かけて気になったので手にとってみました。 loundrawさんの装丁イラストも理由の…

『宝石吐きのおんなのこ』

『宝石吐きのおんなのこ 〜ちいさな宝石店のすこし不思議な日常〜』 なみあと 2016年某日、書店にて棚をぼんやり眺めていた折、『宝石吐きのおんなのこ』というタイトルを目にする。 宝石を吐く少女の物語……? 青柳碧人さんの『希土類少女』に出てくる、レア…

『魔法使いのハーブティー』

『魔法使いのハーブティー』 有間カオル コメントでおすすめしていただいた作品を読むシリーズ。 今回は『魔法使いのハーブティー』。 こちらも発売当初に見かけて印象に残っていた作品。 その時は気が付かなかったのですが、イラスト、肋兵器さんなんですね…

「ゆうべによんだ。」は、Amazon.co.jpを宣伝し、商品にリンクをすることによって、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された、

アフィリエイト宣伝プログラムである「Amazonアソシエイト・プログラムの参加者」です。