ゆうべによんだ。

だれかに読んだ本のことをきいてもらいたくて。

『ひとりぼっちのソユーズ』

『ひとりぼっちのソユーズ 君と月と恋、ときどき猫のお話』 七瀬夏扉 開幕ひとこと言わせてほしいことがある。 もしかしたら今年はもうこれ以上の作品が見つからなくたっていいと思えるような物語に出会ってしまった。 クライマックスでもなんでもないような…

2017年下半期に読んだ、琴線に触れた小説4選

2018年迎えたどころか既に2週間近く経ちますが、タイトルの通りです。 こういうのは大抵年末年始のムードの中しめやかに更新されるものなのかもしれませんが、2017年下半期のまとめは次の半期が終わる2018年の6月いっぱいまでじゅうぶん許されるつもりでいる…

『毎年、記憶を失う彼女の救いかた』

『毎年、記憶を失う彼女の救いかた』 望月拓海 第54回メフィスト賞受賞作にして、静岡県浜松市を舞台にしたミステリアスでせつない恋愛小説。 浜松市内の書店さんでは大々的に取り扱われており、静岡限定カバーなるものも存在しているみたいです。 【お知ら…

『毛布おばけと金曜日の階段』

『毛布おばけと金曜日の階段』 橋本紡 兼ねてから橋本紡さんの作品が大好きで。 この作品は2002年に刊行されたものなのですが、発売から10年以上経ってこうして運命的な出会いを果たす。 今回も繊細で絶妙な心の機微が描かれていたり、あたたかな「家族像」…

『繕い屋 月のチーズとお菓子の家』

『繕い屋 月のチーズとお菓子の家』 矢崎在美 悪夢を料理して食べていまうことにより、過去を消化するという設定に惹かれて。 今まで、もののたとえとして過去を「消化」するというような言葉を使ったことはあるけれど、文字通り食べてしまうなんて! あらす…

中澤系歌集「uta0001.txt」を読むべきだよ、現代人

中澤系の短歌との出会い きっかけはTwitterでのふとした私のつぶやき。 紀伊国屋にずらりと並んでいたイメージから、いつでも買えるのではと見送っていた中澤系歌集『uta0001.txt』。思い立って検索してみたら、軒並み新刊書店には在庫はないどころかAmazon…

『あやかし夫婦は、もう一度恋をする。』

『あやかし夫婦は、もう一度恋をする。』 友麻碧 かつて大江山周辺を牛耳っていた酒呑童子と茨木童子としての前世の記憶を持つ高校生の物語、浅草鬼嫁日記シリーズ3作目。 あらすじ 茨木童子を前世とする真紀と酒呑童子を前世とする馨の前に教師として現れ…

『少年Nのいない世界 03』

『少年Nのいない世界 03』 石川宏千花 小学生6年生の頃のある事件をきっかけに、地球とは全く別世界に飛ばされてしまった7人の少年少女たちの5年後を描いた物語。 各々がバラバラな場所に飛ばされたが故にこの5年間の暮らしぶりは人それぞれで、巻を追う…

「ゆうべによんだ。」は、Amazon.co.jpを宣伝し、商品にリンクをすることによって、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された、

アフィリエイト宣伝プログラムである「Amazonアソシエイト・プログラムの参加者」です。