ゆうべによんだ。

だれかに読んだ本のことをきいてもらいたくて。

『星か獣になる季節』

『星か獣になる季節』 最果タヒ 最果タヒさんの紡ぐ言葉が好きすぎるが故に手に取った作品。 詩人としても有名な最果さんですが、今回は小説。 実は単行本も持っているのですが、文庫化を機に再び、というのと、『バーナード嬢曰く。』の著者である施川ユウ…

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 13』

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 13』 大森藤ノ ※以下にネタバレを含んでいます。未読の方はご注意ください。 「ダンまち」シリーズ13作目。 とにもかくにも手に汗握る展開とベルくんのかつてないピンチにどきどきしっぱなしの今回。 …

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 下』

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 下』 暁佳奈 2018年1月現在放送中のアニメ、「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の原作小説にあたるこの作品。 そして、主人公であるヴァイオレットが代筆屋として働き始めるまでの経緯と彼女を支える仲間たちとその後…

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 上』

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 上』 暁佳奈 2018年1月現在、アニメ放送中の『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』。 放送開始前からPVから気合の入れようがうかがい知ることができ、期待大だと一部で話題になっていたこの作品。 http://violet-evergar…

『雪には雪のなりたい白さがある』

『雪には雪のなりたい白さがある』 瀬那和章 雪には雪のなりたい白さがある、というタイトルの響きがとても印象に残っていて、つい先日この作品が文庫化されているのを見かけたときには喜び勇んでレジへ。 港の見える丘公園、あけぼの子どもの森公園、石神井…

『ひとりぼっちのソユーズ』

『ひとりぼっちのソユーズ 君と月と恋、ときどき猫のお話』 七瀬夏扉 開幕ひとこと言わせてほしいことがある。 もしかしたら今年はもうこれ以上の作品が見つからなくたっていいと思えるような物語に出会ってしまった。 クライマックスでもなんでもないような…

2017年下半期に読んだ、琴線に触れた小説4選

2018年迎えたどころか既に2週間近く経ちますが、タイトルの通りです。 こういうのは大抵年末年始のムードの中しめやかに更新されるものなのかもしれませんが、2017年下半期のまとめは次の半期が終わる2018年の6月いっぱいまでじゅうぶん許されるつもりでいる…

『毎年、記憶を失う彼女の救いかた』

『毎年、記憶を失う彼女の救いかた』 望月拓海 第54回メフィスト賞受賞作にして、静岡県浜松市を舞台にしたミステリアスでせつない恋愛小説。 浜松市内の書店さんでは大々的に取り扱われており、静岡限定カバーなるものも存在しているみたいです。 【お知ら…

「ゆうべによんだ。」は、Amazon.co.jpを宣伝し、商品にリンクをすることによって、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された、

アフィリエイト宣伝プログラムである「Amazonアソシエイト・プログラムの参加者」です。