ゆうべによんだ。

だれかに読んだ本のことをきいてもらいたくて。

『わたしの美しい庭』

『わたしの美しい庭』 凪良ゆう ここ最近、私が一番新刊の発売を心待ちにしている作家さんの作品。 凪良ゆう作品、ありのままを否定しない優しさで溢れているので、本当に読んでほしい。 あらすじ 小学生の百音と統理はふたり暮らし。朝になると同じマンショ…

『6番線に春は来る。そして今日、君はいなくなる。』

『6番線に春は来る。そして今日、君はいなくなる。』 大澤めぐみ タイトルに惹かれて。 読み始めて冒頭の描写に一気に引き込まれてしまった。 駅のホームで電車の到着を待つ男女ふたり。 そのうち少女だけが、春からの新生活のために東京へ向かう。 なかな…

『なめらかな世界と、その敵』

『なめらかな世界と、その敵』 伴名練 とても良質なSF短編集として話題になっていたので。 SF沼の淵をそわそわしながら歩く私には、この作品に含まれるオマージュのほとんどを理解することはできなかったけれど、それでもとても良い読書体験ができた。 現実…

『きみの世界に、青が鳴る』

『きみの世界に、青が鳴る』 河野裕 『いなくなれ、群青』から始まる階段島シリーズ最終作。 読み終えた今はただひたすらに、とうとう終わってしまった、という思いが強い。自分の目で物語の結末を見届ける決意がなかなか固まらず、実際に読み始めるまでに随…

『ひとりぼっちのソユーズ』の書籍化は失敗なんかじゃない。

2019年3月28日。 とある小説の感想記事のアクセスが僅かながら急に増えた。 小説投稿サイト「カクヨム」にて投稿された後、書籍化された『ひとりぼっちのソユーズ』。 kakuyomu.jp おしなべてどの記事も控えめなアクセス数のため、メディア化などをきっかけ…

『烏丸ルヴォワール』

『烏丸ルヴォワール』 円居挽 『丸太町ルヴォワール』に次ぐ、ルヴォワールシリーズ2作目。 言葉を以って論理を闘わせる私的裁判、双龍会の濃密さはもちろん、前作から引き続き登場する人物たちの人となりが掘り下げられる今作。 まずは言いたい。瓶賀流が…

『ギルドレ 1 有罪のコドモたち』

『ギルドレ 1 有罪のコドモたち』 朝霧カフカ 『文豪ストレイドッグス』の原作者、朝霧カフカさんによる王道SF冒険譚。 単行本として刊行された当初から読みたい読みたいと思っていたら、いつの間にか文庫化していた。 文豪ストレイドッグス -1 (カドカワコ…

『涼宮ハルヒの退屈』

『涼宮ハルヒの退屈』 谷川流 装い新たに刊行された角川文庫版で読む、初めての涼宮ハルヒシリーズ3作目。 小説で読んだ内容を追う形で、少しずつアニメを見始めました。 小説を読んでいる時にはさらりと読み飛ばしてしまっていたキャラクターの所作に、映…

『教室が、ひとりになるまで』

『教室が、ひとりになるまで』 浅倉秋成 Twitterで見かけて雰囲気が好みだと思い、手に取った作品。 いくつかの常識離れした能力が登場しながらも、あくまでもミステリの枠から外れることなく、主人公が犯人の動機を知った際の揺らぎと読後感がとてもよくて…

階段島シリーズ最終巻を前にもう一度よんだ/『いなくなれ、群青』

『いなくなれ、群青』をもう一度 4月末に発売予定、階段島シリーズ最終巻『きみの世界に、青が鳴る』を手に取る前に、シリーズ作品をもう一度読み返しておこうと思い立って。 思ったことを書き残しておこうと思って。 『いなくなれ、群青』から『夜空の呪い…

『丸太町ルヴォワール』

『丸太町ルヴォワール』 円居挽 あらすじ 古来より京都にて行われる私的裁判、双龍会(そうりょうえ)。 御曹司、城坂論語にかけられた祖父殺しの嫌疑を巡って、鮮やかな舌戦の火蓋が切られる。 状況的に不利な立場の弁護側の望みは、坂口論語が証言する「ル…

『涼宮ハルヒの溜息』

『涼宮ハルヒの溜息』 谷川流 装い新たに刊行された角川文庫版で読む、初めての涼宮ハルヒシリーズ2作目。 前作『涼宮ハルヒの憂鬱』の感想はこちら。 shiyunn.hatenablog.com ※ネタバレを含みます。未読の方はご注意ください。 あらすじ 文化祭にて映画を…