ゆうべによんだ。

だれかに読んだ本のことをきいてもらいたくて。

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 7』

スポンサーリンク

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 7』  大森藤ノ

 

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 7 (GA文庫)

 

※既刊含め内容に触れています。ネタバレを避けたい方、未読の方はご注意ください。
 
「ダンまち」シリーズ7作目。
 
 
予想通り、ベルくんLv.3になりましたね。
一ヶ月でこんなに成長するなんて、本当にゲームだったらチート扱いされちゃいそう(笑)
 
 
思い返してみればだいぶ仲間も増えて来ましたね。
リリにヴェルフさんに命(ミコト)さん。
命さんはどちらかと言うとタケミカヅチファミリアからのレンタル契約みたいな感じだけれど。
 
 
そして今回もうひとり仲間が増えます。
表紙の着物姿の狐人(ルナール)の春姫(ハルヒメ)さん。
いつも巻末にはベルくんやファミリアの仲間たちのステイタス説明がゲーム風に書かれているのですが、春姫さんの魔法のレベルブーストって強すぎじゃありません?
お話を読む限り、すごく稀少な魔法みたいだけれどその分上がり幅も無視できないくらい上がる様子。
 
 
 
今回は夜の街を舞台にお話が進んで行くので、いつもと打って変わってどこか不穏で淫靡な雰囲気で話が進んでいきます。
 
 
夜の街を取り仕切るのがイシュタルファミリア。
同じ美の神ながら、地位に天と地ほどの差があることからフレイヤに対して敵愾心剥き出しで春姫さんの命と引き換えに力を利用して戦争を仕掛けようとする。
 
 
アポロンファミリアと一悶着あった後に他のファミリアに喧嘩を売るようなことを避けたいというのと、春姫さんを救い出してあげたいというジレンマに苛まれるベルくんだけれど、まあそこはベルくんなんでね。
 
普通なら無力感と自分勝手な罪悪感に塗れてしまいそうなところですが、諸々のリスクを省みず自分の思いを貫くことが許されるのはベルくんだから、かな、と。
 
 
最終的にはフレイヤ様の介入もあって収束するのですがフレイヤ様のところのオッタルさんってLv.7だったんですね……。
最終的にはベルくんと戦うことになるのかな……。
 
 
それから、今回ベルくんの敵としてフリュネという蛙のような大きな体格の女性が立ちはだかるのですが、私の中のイメージでは完全に宮部みゆきさんの『ブレイブ・ストーリー』の最後の方のシーンでした。
そちらは蛙のような女性、というよりは完全に蛙に近かったですが(笑)
 
 
 
 
 
作者さんのあとがきを読む限りでは、次の巻は日常のお話中心になる様子。
最近の(5〜7巻の)ベルくんはいろいろと頑張り過ぎなので、ゆるっとした雰囲気のやり取りが楽しみ。
登場人物が増えていくにつれ、ヘスティア様とのやり取りが減ってしまうのは仕方がないことだけれど、ファミリアの主神ヘスティアと団長ベル・クラネルとしてでなく、ヘスティア様とベルくんとしての会話を個人的に期待していたりして。
 
 
 
 
 
【シリーズ前作についてはこちら。】
 
 
 
 
 
 

「ゆうべによんだ。」は、Amazon.co.jpを宣伝し、商品にリンクをすることによって、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された、

アフィリエイト宣伝プログラムである「Amazonアソシエイト・プログラムの参加者」です。