読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうべによんだ。

だれかに読んだ本のことをきいてもらいたくて。

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 5』

感想 大森藤ノ GA文庫

スポンサーリンク

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 5』  大森藤ノ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか5 (GA文庫)

※既刊含め簡単に内容に触れています。未読の方はご注意ください。



「ダンまち」シリーズの5巻。

今回のお話が今までの中でいちばん熱い、と感じました。かつて無いほどのピンチとか他の冒険者との共闘とかいろいろと。




まずは1人、また厄介そうな神様が登場します。

簡単に言ってしまえば、フレイヤ様系。色んな困難をベルくんにぶつけようとぶつけようと画策するのですが、ただフレイヤ様とは違って今回登場するヘルメスはどうやら腹に何か抱えていそう。

ベルくんのお祖父ちゃんのことを知っているみたいな感じで、他にも気になる発言がちらほら。


腹黒い奴だと思いきやなんだかんだベルくんのことを思う良い神様だと、勝手に思い込んでます(笑)

……でも実際は現段階ではなんとも。




そして今回のベルくん達の冒険ですが、早速死にかけます。

今までの比では無いくらい死にかけます。

前回に引き続き3人パーティで中層の攻略をしている中、他のファミリアにモンスターの群れを押し付けられてしまい、なんとか対応しようとするも不幸が重なり、満身創痍で回復アイテムも尽きてしまいます。



一方ベルくんが帰ってこないことを心配したヘスティア様はヘルメスの提案により、冒険者を集めてベルくんを探しにダンジョンにもぐることに。

ここで、まさか豊穣の女主人のリューさんが冒険者として協力することになるとは。

以前から何かと強さの片鱗を見せていたんですが、今回リューさんの過去についてもちょっぴり触れられます。

……リューさんに対してもこれからのラブコメっぽい予感を匂わせていくベルくん。



ベルくんたちが一命を取り留めた後、ダンジョンの安全階層で冒険者の面々が水浴びをするシーンがあるのですが、まあ、そこはお約束といいますか、なんといいますか。


そのおかげで?  そのせいで?

挿画や巻頭のイラストは、リューさん含め女性陣が水浴びをするシーンのもので、肌色多めにつき。


書店で購入して書店員さんにカバーをお願いした際、イラストの肌色がちらっと覗いて、ちょっぴりどきっとひやっとしました(笑)




安全階層に着いたものの、ベルくんのことを快く思っていない他の冒険者たちに絡まれてしまうのですが、そこはヘスティア様の一喝で場を落ち着かせてしまう。

このヘスティア様の珍しい女神様っぽい威厳溢れるシーン、アニメで観られるかな……。



果てには、この一喝によりダンジョンを触発してしまい、普通なら出てこないはずの階層主が現れてしまう。

この場面での、敵味方問わず冒険者全員で格上のモンスターに立ち向かっていく感じ、すごくわくわくしました。

色んな種類の武器に魔法に戦略に。

その最中に、ヴェルフさんの葛藤もちらっと見え隠れなんかしたりして。


今までも色んなモンスターと戦ってきたベルくんだけれど、今回のお話がいちばん「たたかっている」感じがして好きです。

大森藤ノさんのあとがきの言葉を借りるならば、今回思い切りダンジョンダンジョンしてます。






……それでも、最初にも書いた通り、今後のヘルメスの動向がとても気になる。

それにエピローグでは、どうやら他の神様がベルくん獲得に動きだしそうな気配。





……それに、もっとベルくんとヘスティア様の微笑ましいやり取りを見ていたかったりなかったりなんかしたりもするのです。






【シリーズ前作についてはこちら。】

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』 - ゆうべによんだ。

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 2』 - ゆうべによんだ。

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 3』 - ゆうべによんだ。

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 4』 - ゆうべによんだ。

「ゆうべによんだ。」は、Amazon.co.jpを宣伝し、商品にリンクをすることによって、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された、

アフィリエイト宣伝プログラムである「Amazonアソシエイト・プログラムの参加者」です。