ゆうべによんだ。

だれかに読んだ本のことをきいてもらいたくて。

『魔法使いのハーブティー』

スポンサーリンク

『魔法使いのハーブティー』  有間カオル

魔法使いのハーブティー (メディアワークス文庫)

 

 コメントでおすすめしていただいた作品を読むシリーズ。

 

今回は『魔法使いのハーブティー』。

こちらも発売当初に見かけて印象に残っていた作品。

その時は気が付かなかったのですが、イラスト、肋兵器さんなんですね。

 

 

 

私にとって『文句の付けようがないラブコメ』の印象が強いのですが、『文句の付けようがないラブコメ』と、今回の主人公の名前が、それぞれユウキと勇希ということで、何か勝手に運命めいたものを感じながら読み進めました。

 

 

……とはいえ、こちらの主人公は親を亡くし親戚の家々を転々とする14歳の少女。

 夏休みの間、とあるカフェにてお世話になることになるが、住み込みの条件として提示されたのは、「魔女の後継者として、真摯に魔法の修行に励むこと」という条件。

そんな少し不思議な横浜のカフェを舞台に物語が紡がれてゆく。

 

 

まず、この細やかな魔法使い要素と要所要所で登場するハーブティーがとても好みでした。

色濃いファンタジーとして取り扱われるわけではなく、怪しげな呪文も儀式も登場しないのですが、作中に登場する様々なハーブやその薬効にすごく心ときめく。

レモン入れたら色の変わるコモンマロウハーブティー、私もやりたい……。

 

 

カフェに訪れる人たちの欠けた心に沁みるようなハーブティーが次々と登場して、何時でも、色んなハーブティーが飲める環境に憧れてしまう。

実際には嗅いだことのない色んなハーブの匂いの描写に触れる度に、その植物の画像やハーブティーの色を検索しながら読んでしまいました。

ハーブティーや食べ物の寄り添い方が本当によい。

 

 

リンデン、はドイツでも大きな通りの名前になってるやつだ、とか

祖母の家の近くに枇杷の木が生えてたな、とか

時々知っている植物の名前が登場すると、なんだかちょっぴり嬉しい。

 

 

 

勇希のカフェでの暮らしが本当にあたたかくて、1度はこんな生活してみたいと夢に思う程でした。

 ……このままだといつかハーブティーの本とか買ってしまいそう。

いつか誰かに得意顔でハーブティー淹れてあげたい!

 

 

 

また、あとがきで知ったのですが著者の有間カオルさん、メディカルハーブセラピストの資格を取るほどにハーブティーの魅力に魅せられてしまったらしく。

 

先月くらいに刊行された『ボタニカル』。

発売当時は新刊が平積みされる書店の一角でちらりと見かけ、「見てるだけー」と、著者さんは気にしていなかったのですが、題名からして、そんな有間さんが書いた物語なら絶対素敵に違いない、と、現在積読本と財布とにらめっこをしている。

(にらめっこをし始めた時点で既に敗色濃厚)

 

ボタニカル

ボタニカル

 

 

「ゆうべによんだ。」は、Amazon.co.jpを宣伝し、商品にリンクをすることによって、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された、

アフィリエイト宣伝プログラムである「Amazonアソシエイト・プログラムの参加者」です。