読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうべによんだ。

だれかに読んだ本のことをきいてもらいたくて。

スポンサーリンク

『晴追町には、ひまりさんがいる。 恋と花火と図書館王子』

『晴追町には、ひまりさんがいる。 恋と花火と図書館王子』 野村美月 講談社タイガから刊行されている、野村美月さんによる晴追町の物語、2作目。 1作目の感想はこちら。 『晴追町には、ひまりさんがいる。 始まりの春は犬を連れた人妻と』 - ゆうべによんだ…

『下読み男子と投稿女子 〜優しい空が見た、内気な海の話。』

『下読み男子と投稿女子 〜優しい空が見た、内気な海の話。』 野村美月 野村美月さんの文学少女シリーズを少しずつ読んでいる中、こちらの作品が刊行されているのを知り、興味惹かれたので。 ごく個人的なブームなのですが、小説家が登場人物の作品に目がな…

『“文学少女”と繋がれた愚者』

『“文学少女”と繋がれた愚者』 野村美月 “文学少女”シリーズ3作目。今回の題材は、武者小路実篤の『友情』。これもまた、私の読んだことのない作品でした。お話が進むごとにどんどん面白くなってゆくので、まだまだ続くとはいえ、このシリーズが既に完結し…

『晴追町には、ひまりさんがいる。 始まりの春は犬を連れた人妻と』

『晴追町には、ひまりさんがいる。 始まりの春は犬を連れた人妻と』 野村美月並行して読み進めている文学少女シリーズの野村美月さんの作品。文学少女シリーズをまだ「かじった」だけの私ですが、各話の冒頭に挟まれるモノローグや全体的に軽やかながらも登…

『“文学少女”と飢え渇く幽霊』

『“文学少女”と飢え渇く幽霊』 野村美月 前作に引き続き、文学少女シリーズ第二弾。 前回にも増して幻想的な雰囲気が立ち込めるお話でした。 ここは人間嫌いの天国だ。 この一節から始まる今回のお話の題材はエミリー=ブロンテの『嵐が丘』。 こちらも読んだ…

『“文学少女”と死にたがりの道化』

『“文学少女”と死にたがりの道化』 野村美月 満を持して、以前から気になっていた野村美月さんの文学少女シリーズを手に取ることに。 たった2人だけの文芸部員。 かつて覆面「美少女」小説家として世間を騒がせた高校二年生の少年、井上心葉(このは)。 文字…

「ゆうべによんだ。」は、Amazon.co.jpを宣伝し、商品にリンクをすることによって、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された、

アフィリエイト宣伝プログラムである「Amazonアソシエイト・プログラムの参加者」です。