ゆうべによんだ。

だれかに読んだ本のことをきいてもらいたくて。

『トランプソルジャーズ 名探偵三途川理 vs アンフェア女王』

スポンサーリンク

『トランプソルジャーズ 名探偵三途川理 vs アンフェア女王』  森川智喜

トランプソルジャーズ 名探偵三途川理 vs アンフェア女王 (講談社タイガ)

 

 

 

講談社タイガより名探偵三途川理シリーズ。

 

shiyunn.hatenablog.com

 

ちょっとした設定を独特にひねってミステリーに仕立て上げる物語なのですが、私の中では、主人公のあくの強さがすごくクセになるシリーズで、相変わらずの三途川理の扱いに所々笑ってしまう。

それでも、今回はシリーズ通して出番が多い方だったね、よかったね!

 

 

今までのお話に登場してきた三途川理と比べて、幼い頃の三途川理が登場する今回。

不思議の国のアリスよろしく、穴に落っこちた三途川理少年は、その先の魔女が支配する世界で時計屋のウサギに出会い、意志を持ったトランプを使って魔女の配下とゲームをすることになる。

 

まずはじめに、己の身を賭けて神経衰弱が行われることになるのですが、トランプも魔女の配下ということもあって、トランプが言葉を発し、自らの数字を申告するため挑戦者側に勝ち目はない……。

 

ただ、その難局をあっさりと乗り越えてみせるのが三途川理。

たとえばアンフェアをぶちやぶるほどの卑劣漢であれば……。

卑怯イカサマなんでもありの卑劣漢であれば……、どうだろうか?

p.23

冒頭でいきなり地の文で遠回しに「卑劣漢」呼ばわりされる主人公にげらげら笑いそうになる私。

 

 

 

 

身近なトランプゲームにひと匙風変わりな設定を加えただけで、こんなにいろんなゲーム性が変わるのが新鮮でした。

神経衰弱に始まり、2人ババ抜き、ポーカー。

神経衰弱は、問いかければ探している柄のトランプが自ら申し出る。

ババ抜きは、引き抜こうとしているカードにジョーカーか問いかければ答えが返ってくる。

ポーカーは、トランプ自らが動いて自身に好カードが勝手に入ってくる。

三途川理の頭の回転が速かったから、圧倒的に不利な状況のゲームも勝てた、というよりそれに加えてやはり卑劣漢だから勝てたのだな……と数々の迷勝負を振り返ってふと思う。

 

 

前回の最後の最後で存在が仄めかされた姉の存在ですが、今回しっかりと登場します。

三途川理と同じくめちゃくちゃ最悪な性格してる上に、姉弟2人揃って罵倒しあう始末。なんていうか、本当にそっくり。

シリーズ通して読んでいる方なら分かると思うのですが、卑劣な悪の存在が増えようと結局悪は去りゆくのがこのシリーズ。

どれだけ自信満々に講釈たれようとなんか、それが虚しく響いて聞こえるのが一周回って面白い。完全に三下のそれだよ、って本人たちに言ってあげたいけれど、言ったら卑劣な仕返しに会いそう……。

(卑劣という言い回しがいたく気に入った私)

 

今後、あの2人が天変地異でも起きて手を組むことなどあるのだろうか……。

それは末恐ろしいことではあるけれど、何故だろう、小物が噛み付いてきた、くらいにしか思えないのは……。

 

 

 

 

本当に、なんていうかぼろくそに言っている私ですが、彼のこと心の底ではたまらなくすきなのですよ。

病みつき。言うなれば珍味。

(ほめてます)

三途川理が登場して、さも悪人のようにけけけ、と笑うのを見るとなんか安心するのです。

 

 

「ゆうべによんだ。」は、Amazon.co.jpを宣伝し、商品にリンクをすることによって、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された、

アフィリエイト宣伝プログラムである「Amazonアソシエイト・プログラムの参加者」です。