読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうべによんだ。

だれかに読んだ本のことをきいてもらいたくて。

『冴えない彼女の育てかた 5』

感想 富士見ファンタジア文庫 丸戸史明

スポンサーリンク

冴えない彼女の育てかた 5』  丸戸史明

冴えない彼女の育てかた 5 (富士見ファンタジア文庫)


※以前までのお話含め、内容に触れています。ネタバレを避けたい方、未読の方はご注意ください。


シリーズ5作目。

表紙のイラストからも分かるように、今回は詩羽先輩を中心としたお話になります。
表紙イラストでも少しはだけてるのですが、表紙をめくった後にある口絵の詩羽先輩が湯船に浸かっているイラストが肌色全開で、どきっとしました。
作中の台詞回しも何かと際どい発言が多い詩羽先輩ですが、イラストでも肌色多めな役回りみたいです。






いきなり安芸くんと詩羽先輩のデートめいたものから始まりますが、そこで詩羽先輩はシナリオを全面改稿した第二稿のデータを安芸くんに手渡します。
どちらが面白そうか、売れそうか、何よりどちらが好きか選んで欲しいと安芸くんの選択に委ねます。
第一章にして、この人(詩羽先輩)はまた、自分の心情を作品に託して……2巻と同じ轍を踏むことになるのかな……と思えるような雰囲気でした。




第二稿は裏のヒロインの瑠璃を全面に押し出したものであり、読み進めていくうちにやはり、詩羽先輩自身と瑠璃を重ねていたことが分かります。
普段、ギリギリな発言内容で安芸くんに迫るものの、肝心な部分は口に出せず迂遠な方法を取るあたり、なんだか奥ゆかしく感じました。


そして安芸くんがふた通りのゲームシナリオに下した決断……。
それはどちらも選ばず、全面リテイク。
どちらも小説的でゲームに起こすとどちらもパッとしないと気付いた安芸くんは、詩羽先輩の原案を下敷きに自分の案と擦り合わせをしたいと申し出る。


作り直しをどうしても認められない詩羽先輩の理由が、自分の力で作ったシナリオにこだわる理由が、ぐっと来ました。
何よりも詩羽先輩は、安芸くんの信頼に応えたかったのだと思うと、なんだかとても人間味が増すような気がして。
普段からどこか完璧に仕事をこなして、他を圧倒するような雰囲気があった詩羽先輩の原動力が安芸くんからの信頼であったのだと思うと女子高校生作家、というよりもちゃんと女の子、というように見えてくる。
そして、なんだ、結局は英梨々と同じなんだ、安芸くんに見ていていてもらうことがいちばんなんだ、と思うと微笑ましくも思いました。

リテイクを言い渡されてちょっぴり拗ねてしまう詩羽先輩もちゃんと前向きに作り直すことを決め、安芸くんと2人、文化祭を返上して徹夜でシナリオを作り上げます。
これも2巻の内容を思い出しますね。


そんな最中の詩羽先輩の台詞の節々に瑠璃を介して、詩羽先輩自身の自己評価が滲み出ている部分があるんですが、本当は自信なさげな部分も垣間見えて、今回すごく詩羽先輩のひととなりを掘り下げていて、すごくすきです。

現実ではいちばんになれなくても、せめて作品のキャラクターだけは、安芸くん選び取ってもらいたい、という思いもあるのかな、とかいろいろと考えてしまいます。




そして最後の学園祭最後のフォークダンスのシーンがすごく印象的です。
瑠璃の想いを遂げさせ、成仏させてあげたいという詩羽先輩のささやかな願いに応えるために、加藤さんがまた演じることになるのですが、見開き1ページを使ったイラストと相まってすごくよい。
……成仏させたいという詩羽先輩の願いも切なくて。






それから、本当に最後の最後でどこか不穏な英梨々の様子。
次回は英梨々を中心にお話が動くことになるのかな……。
伊織と出海ちゃんが手を組むことになって宣戦布告のような場面もあり、シナリオも間際で改稿になって、イラストレーターとしての英梨々のプレッシャーを考えたら、安芸くんのためとは言え、潰れてしまわないかな、と少し心配だったり。




冴えない彼女の育てかた』シリーズの感想はこちら。

「ゆうべによんだ。」は、Amazon.co.jpを宣伝し、商品にリンクをすることによって、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された、

アフィリエイト宣伝プログラムである「Amazonアソシエイト・プログラムの参加者」です。