『プシュケの涙』

『プシュケの涙』 柴村仁 私のTwitterのタイムライン上で話題になっており、気になったので、つい。 なんとなくタイトルに馴染みがあったので、以前にどこかのサイトでもおすすめされているのを見かけたことがあるのかもしれません……。 電撃文庫、メディアワークス文庫、講談社文庫と版元をまたいで何度か出版されているみ…